各務原市,ベーコン教室の下見で「伊木の森」へ

今日は、脱毛を離れて趣味の世界へ(笑)

今週末、1月29日(日)、各務原市で「ゼロから作る燻製ベーコン教室」を開催いたします。

 

「何故、恵那の新田が各務原で?」と、お思いの方も多いと思います。

 

その流れを書きますと、毎年だいたい参加させていただいている恵那山麓博覧会「えなか」で、これまで「ホテルよりも旨い!ダンボールオーブンで作るローストビーフ教室」とか、体験プログラムを作って講師として参加しておりました。

このダンボールオーブンを開発してくれたメーカーの社長と私はお友達で、私の理想の釜を、なんとダンボールで作ってくれたのです。

これが、本当に肉を美味しく焼ける魔法の釜なんですよ、皆さん!

[amazonjs asin=”B0095RVGSE” locale=”JP” title=”高和 スモーカー ダンボールオーブン・ニュー釜”]

 

ローストビーフ。

今、ブームが来ていますけど、私の方は、ちょっと飽きてきて、「今年は違うプログラムをやりたい」ということで手作りベーコン教室をしました。

これがえらい人気講座になってしまって、2回やって2回ともほぼほぼ満タン。

男性客狙いの講座かと思いきや、女性客様のお申込みが多くて、これまたビックリ。

なんでも添加物のない手作りのベーコンを作ってみたい、というお母さんのニーズがあったようです。

 

それを何かで見てくださっていた、各務原中央デザインセンターの方が、「各務原でもやっていただけますか?」とのご依頼をいただいたのです。

「もちろん!喜んで!」と、私は二つ返事。

で、今回の運びになりました。

 

ここのデザインセンターの方はすごいアイデアマンでセンスが良いんです!

「ゼロから作る燻製ベーコン教室」という題に、もうワンフレーズ付け足してくれたのです。

なんと、「夫婦で♡ゼロから作る燻製ベーコン教室」

夫婦で参加、子供なし、ワンペアという、ハードルの高い企画!すごいよね。

 

私は、市民講座なのに、5,000円という高額講座ですでにハードルが上がっている。

さらに「夫婦で」というのは、キツイのではないだろうか。

と、思っていました。

 

ところがフタを開けると、募集定員12組のところ、40件弱のお申込み!

急遽、午前、午後の2部制にして、15組、15組の30組となりました。満員御礼ですよ。

各務原って、夫婦仲の素晴らしい町なのかもしれません!

 

嬉しい悲鳴です。

ベーコンの仕込みも大変。

大鍋で8リットルのソミュール液を作り、40本のベーコンを仕込みました。

食肉業者かっていうくらいの量。

DSC_0262

漬物樽に、豚バラ肉を漬け込んでいます。

DSC_0263

圧巻の40本。

DSC_0261

大鍋に8リットル。

 

漬け込みの豚バラ肉を塩抜きして、味見しましたら、思い通りの旨味たっぷり熟成肉となっておりました!

今は、乾燥の工程で当日を待ちます。

 

当日は、この乾燥した豚バラ肉を燻製して、ベーコンに仕上げて貰います。

そしてもう1本、生の豚バラ肉を塩漬けしてお持ち帰りいただきます。

ウンチクも学んで帰って貰います。

後、せっかく燻製をするので、いろいろ他の素材もサプライズで用意して燻製して貰います。

たらこ、ちくわ、チーズと、定番の燻製。

それと今回初の牡蠣の燻製もチャレンジ。

この前、テレビで牡蠣のオイル漬け缶詰をやってて、美味しそうだったので急遽、入れちゃいました。

これから深夜食堂・居酒屋ひでで、下処理して乾燥させます。

きっと、参加者、驚くと思いますよ。

 

しかも、これら、たらこ、ちくわ、チーズ、牡蠣、全部1個づつ。

夫婦2人で1個づつだと、どうなるんでしょうね(笑)

夫婦の愛も試されるという、燻製ベーコン教室。

ほんと、楽しみです。

 

[amazonjs asin=”B0095RVGSE” locale=”JP” title=”高和 スモーカー ダンボールオーブン・ニュー釜”]

良かったらシェアしてください

About the author

ビエール@メンズ脱毛とブロマガ編集長
メンズ脱毛サロン・メンズエール社長。の傍ら、メンズエールマガジンというブログマガジンの編集長。20代から40代のメンズに役立つ情報を発信中。
お客様に婚活を勧めるのが大好き。結婚しよう!