正しいひげの剃り方,メンズ・エール流ね

ひげの濃い方に多いですが、ゴシゴシとひげを剃られる方がいらっしゃいます。

これでもか、と強く押し付けるように、皮膚ごとひげを刈ってしまうような感じ。

 

これはお肌にとっては非常にマイナスです。

 

皮膚の角質が削れて、真っ赤になってヒリヒリすることでしょう。

 

雑菌も侵入し、ニキビや吹き出物になったり。

血が出て痛いんですよね。

 

ひげを深く剃りたくて、ゴシゴシと電動ひげ剃り、シェイバーを押し付けてしまうんですが、よくありません。

 

また、T字カミソリで剃る場合も、ひげの濃い方ほど、ジョリジョリ、すごい剃り方をされています。

ひげの生え方は、向きがあります。

例えばこんなふうに、左から右に流れてるように、向きがあるんですね。

で、ひげの濃い方は深く剃りたくて、この絵ですと右から左に剃り上げます。

これはまずい。

 

逆手方法なので、皮膚の角質もめくれるように、そりあがります。

角質が向けてしまいます。

 

T字カミソリが引っかかって、皮膚に傷ができると間違いなくニキビになって、痛いですよ!

 

どちらのひげ剃りも、基本は毛の流れに逆らわない方向で、「一方通行」で、剃ってください。

逆方向は、肌トラブルの元です。

皮膚が傷を負って、バイキンが入って、炎症を起こして、その結果、シミになる。

こういう人、むちゃくちゃ、多いですよ。

 

ひげがあるから顎のラインが黒くみえるのと、皮膚にシミが出来て黒く見えるのと、ダブルの効果でモシャモシャしたはっきりしない、フェイスラインになってしまいます。

 

ですので、ひげ剃りは順目で一方通行に歯を流して剃って下さい。

これだけで、皮膚のダメージが全然違います。

 

そしてひげ剃りの後は、クリームなどを塗りましょう。

皮膚に早く膜をはってあげて、雑菌から皮膚を守りましょう。

 

メンズ・エールのおすすめは、ホホバオイル。

殺菌効果と給油効果があります。

油の補給です。

 

「油なんて、ベトベトするじゃん」

と、思われるかもしれませんが、40代前後からは油が足りない肌トラブルのが深刻です。

この辺はまたの機会にご説明します。

 

男性は毎日のひげ剃りです。

毎日、皮膚にダメージを与えてはいけません。

順目で優しく剃ってあげてくださいね。

 

ではでは〜。

 

良かったらシェアしてください

About the author

ビエール@メンズ脱毛とブロマガ編集長
メンズ脱毛サロン・メンズエール社長。の傍ら、メンズエールマガジンというブログマガジンの編集長。20代から40代のメンズに役立つ情報を発信中。
お客様に婚活を勧めるのが大好き。結婚しよう!